返済方法も多様化している

返済方法も多様化している

キャッシングした場合の返済方法は、借入時と同じく多様化しており、利用者の都合に合せて様々な返済方法を選ぶ事が出来ます。では、具体的にどの様な返済方法が選べるでしょうか。下記に大手キャッシング会社で採用している返済方法を紹介していきます。

まずは、銀行に振り込んで行う返済方法です。この方法では、キャッシング会社の指定する口座に振込みを行うのですが、銀行はもちろんのことパソコンやスマホなどを通じて口座に振り込むことができ、非常に便利になっています。

また、利用するキャッシング会社によっては、ネット上の会員ページからネットバンキング経由で返済すると手数料無料になるサービスなども提供しているようです。次に紹介するのは口座振替による返済方法です。この返済方法は、自分の所有している口座から月々定額で引き落としていくので、返済のし忘れなどもなく着実に返すことが可能です。

ただし、残高不足になる事も考えられるので、自分の給料日や残高などは考慮しておく必要があります。次はATMによる返済方法です。キャッシング会社では自社で所有しているATMなどで返済する事も可能ですが、業務提携している銀行やコンビニ等もあるので、普通のATMからでも返済する事が可能です。

しかし、普通のATMから返済すると手数料が発生してしまうので、回数を重ねて返済する場合はその分不要な金額がかかってしまいます。

次はキャッシング会社の店舗に赴いて返済する方法です。近年では、店舗に赴いて返済すること自体あまり行われない為、有人店舗は減りつつあるのですが、この方法であれば今後の返済に関して色々と相談も行えるので、利用者にとって利点のある返済方法であるといえます。

いずれの返済方法を利用するにせよ、キャッシングを行った場合は月々定額で返済する必要があり、返済日には何日間かの『返済期日』という猶予期間も設定されます。これらは、キャッシング契約時に決定するので、予め給料日などを勘案して都合のいい日を決めておくといいでしょう。なお、返済に余裕がある場合には、追加で返済を行う事が可能です。

キャッシング会社での融資は、日割りで利子がつくので早く返済する方が結果的に返済額を減らす事ができます。そういった時には、上記で挙げたような返済方法を使い分けて、賢く返済していくといいでしょう。

↑ PAGE TOP