キャッシングで知っておきたい申し込みからカード受け取りまで

キャッシングで知っておきたい申し込みからカード受け取りまで

キャッシングやカードローンは、契約して一旦カードを手にすると大変便利なものですが、初めて契約する時には不安もあることでしょう。申し込みには時間がかかるのか、どんな書類が必要なのか、会社に電話がかかってくるのかなど、分からないことが多いだけに不安も増大します。

しかし、手続きの流れを知ってしまえば何も恐れることはありません。消費者金融や銀行など、個人向け無担保ローンを提供している会社は数多くありますが、申し込み、審査、カード受け取りという流れは共通しています。

申し込みは電話、郵送、窓口などいろいろな方法がありますが、ほとんどの会社でインターネットからの申し込みができるようになっています。スマートフォンやタブレットでも申し込みが可能ですので、現在はインターネット申し込みがキャッシングの主流です。カードの受け取りも郵送、窓口、無人契約機などがあり、融資を急いでいないのであれば、家から一歩も出ずに申し込みからカード受け取りまで済ますことができます。

最も気になるのは審査と必要書類ではないでしょうか。審査基準は金融機関によって異なり、詳細は公開されていません。年収や年齢など、条件が予め設定されていることもありますが、その条件をクリアしているからといって、必ずしも審査に通るとは限りません。基準が異なると言っても、本人もしくは配偶者に安定収入があることや、数年以内に滞納などの金融事故を起こしていないことが最低条件になっているのは共通しています。

必要書類は、本人確認書類が必須となり、申し込む借入金額によっては所得を証明する書類が必要です。本人確認書類は運転免許証、健康保険証、パスポートなど、所得証明書類は源泉徴収票や給与明細数か月分などです。キャッシングやカードローンは在日外国人でも申し込めるものが多ですが、この場合は在留カードや永住証明書などが必要になります。

お金を借りる以上、本人確認書類が必要なことは当たり前ですから、変に構えることはありません。収入証明書類は、多額の借入を申し込む場合に返済能力を確認するために求められることが多いです。

↑ PAGE TOP